あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

飛行機に乗る時の手荷物・・・国内線のルールについて教えます!

      2017/03/08

飛行機に乗る時の手荷物・・・国内線のルールについて教えます!

飛行機に乗る時に心配になるのが手荷物のことではないでしょうか?国際線より厳しくないとはいえ、国内線に乗る場合に気を付けることは何なのでしょうか?

機内持ち込みできる荷物のサイズはどうなっているの?国際線みたいに液体物の持ち込みも厳しいの?

国内線飛行機に乗る場合の手荷物に関するルールについて説明します!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

国内線の飛行機に乗る時には、機内持込手荷物のチェックをしよう!

飛行機搭乗の際は、事前に本人確認と所持物のチェックが行われます。

チケットを受け取るチェックインカウンターで機内に持ち込めない大きなスーツケースやキャリーバッグを「預け手荷物」として預けます。また、ご自身で持ち運ぶ荷物は「機内持ち込み手荷物」となりますが、どちらも内容物に危険性がないかをX線検査機に通します。

搭乗客については、刃物などを所持していないかどうかをチェックするため金属探知機のゲートをくぐるように指示されます。これは機内で事故が起きないためのもので、例外なく全員が行う手続きです。時には長く順番を待ったり手間がかかりますが、テロやハイジャックを防ぐためにも綿密なチェックに協力しましょう。

ハサミやカッターなど日常安全に使っているものが飛行機に乗る際は「危険物」として取り扱われます。つい知らずにそれらを所持し検査の結果「危険物」と認められた場合、それらのすべては没収され、もし必要なものであれば目的地へ別送の手配をしなければなりません。ですからご自宅で旅行の準備をする時点で、預け手荷物に入れてもいいものは、何が機内持ち込み手荷物には入れてはいけないのかを調べておくとよいでしょう。

国内線飛行機の機内持ち込み荷物のサイズのルールはこうなってます!

国内線での機内持ち込み手荷物のサイズは、2009年12月1日のルール変更以降、国内航空会社間で統一され基準が徹底されています。

持ち込み可能な荷物の大きさは、3辺の長さの合計および指定の(幅)+(高さ)+(奥行)の長さとなり何もオーバーしてはいけません。また、規定のサイズは搭乗する飛行機の座席数によって異なります。

■座席数100席以上の場合・ 3辺の合計が115cm以内で、幅55cm+高さ40cm+奥行25cm以内のもの ■座席数100席未満・ 3辺の合計が100cm以内で、幅45cm+高さ35cm+奥行20cm以内)です。よって、定形外の荷物を持ち込む際は、3辺の合計はもちろんのこと、各辺の長さがオーバーしていないか確認しておきましょう。なお、合計重量は全機内共通10kgです。手荷物規定が統一されて以降、空港の手荷物検査機にサイズを確認するゲージが設置されチェックが行われています。サイズを超えた荷物は中身の検査不可能とみなされ機内に持ち込めません。機内に持ち込めない場合は預け手荷物扱いとなります。

最近では、機内持ち込みを見越した軽量でサイズ設定済みのキャリーバッグが販売され利用者も増えています。数日の旅行なら身軽に出かけたい、現地に到着してから預け手荷物が来るのを待ちたくない、というのは誰でも思うこと。正しいサイズを把握して備えましょう。

飛行機の荷物の制限・・・国内線と国際線とではどう違う?

国内線は国際線ほど液体の持ち込みの制限は厳格ではありません。ペットボトルの水やジュースなどは機内に持ち込んだり預けたりできます。しかしなんでも持ち込めるというわけではなく、内容物が危険物とみなされたり、またそれらの容量や重量によっては制限が決まっています。

下記のものは、内容量や性質によっては預けることも機内の持ち込むこともできませんので注意しましょう。
「液体系化粧品類」・0.5Lまたは0.5kgを超えたもの。
「酒類」・アルコール度数が70%を超えた強い酒類。
「洗剤」・洗濯のために備えた「塩素系」「混ぜるな危険」と記した洗剤。
「接着剤」・引火点が摂氏60℃を超える液体状の接着剤は輸送は可能ですが、それ以外の接着剤は規制対象物ですので表示を確認しましょう。
規定に反した所持物は、「危険物」として確認後没収され廃棄されます。もし旅行先で使用を希望する場合は、飛行機から降りた後現地での購入をお勧めします。

国際線飛行機に乗る場合には液体の持ち込みに注意しよう!

2007年3月以降、日本出発の国際線搭乗の際は液体の持ち込みに厳しい制限がかかっています。現在は、ペットボトル入りの水やジュースはもちろんのこと、水分を含むチューブ状のクリームやゼリー状のもの、スプレー類も制限に該当します。ただし、それらは機内に持ち込まずスーツケースに入れて預け入れることは可能です。

しかし、例えば保湿クリームや化粧直しのために液体系化粧品を機内に持ち込みたい場合は、
1。容量1L以下でファスナー付きの透明ビニール袋に入れること。
2。ビニール袋のサイズは縦横合計40cm以下のものを使用する。
3。液体物の容量は100ml(g)以下のものを用意すること。

以上のことを機内持ち込み荷物のチェックの前に準備をし係員に申告する必要があります。検査機で見つかった場合はすべて廃棄扱いになりますので注意しましょう。現在、空港によってはチェックポイントの前に規定のビニール袋を用意しているところもありますので、見逃さずきちんとパックしましょう。

飛行機の手荷物に関する規定は航空会社によって違います!

国内線・国際線限らず、機内持ち込み手荷物と受諾手荷物の取り扱いサイズや重量は航空会社のサービスやその飛行機の座席数によって規定が異なっています。また、重量だけでなく、スーツケースの辺の長さにも規定があるので事前に調べておく必要があります。

現在では機内持ち込み対応、と記したバッグが販売されていますが、飛行機の機種や席数の都合で荷物を収納するスペースが小さかったり、満員の便では一人ごとの持ち込みに制限を課す場合がありますので注意しましょう。

このような手間を省くために、機内で使用しないものは事前にスーツケースに入れて受諾手荷物扱いにしましょう。チェックインカウンターにて荷物の重量確認の後、帯状のシールを巻かれます。これは荷物のタグで、それぞれに荷物を認識する番号や記号と最終目的地が記されています。さらに同じ情報を印字したシールを渡されますのでフライトチケットなどに貼って現地まで無くさないように持っていましょう。現地で荷物を受け取るときの確認や、乗り換え地で積み忘れなどが生じた場合に必要になります。また、現地に到着したら、そのタグを取り外すのを忘れずに。次回のフライトの際にタグが残っていると荷物が別の場所でさまよってしまうことがありトラブルの原因になります。

 - 雑学

ページ
上部へ