あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

      2017/03/27

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょうか?

ゴロを捕る練習や内野ゴロで失敗しないための練習など

野球の内野守備が上達するための練習方法や内野守備で気をつけることなどをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

Q 野球の内野守備が上達するための練習方法とは?

野球やソフトボールでセカンドなどのポジションの内野の守備を上達させるためには、そんな練習方法があるのでしょうか?さらに、ボールを取るときのグラブの出すタイミングやコツなど、どんなことを気を付ければよいのか教えてください。

A 野球の内野守備が上達するための練習方法とは・・・

ポイントとしては、はじめから早い打球で練習しようなんてことはやめましょう。まずは、ゆるめの打球をコーチに打ってもらうようにして、歩数、歩幅やバウンドなどを中腰で合わせていく練習をするのがよいでしょう。ただし、あまり腰を低くして取るのに気を付け過ぎるとバウンドが合わなくなり、肝心の足が動けなくなるので注意しましょう。

グラブの出すタイミングというのは、自分の感覚的につかむのが一番です。出すのも、早からず遅からず、ボールが入りやすいように手首を前に出す感じで、グラブを立てて構えましょう。その時、右手はグラブの近くに添えるようにすることで、次の送球に備えることができます。突き指には注意しましょうね。

自分の左側、だいたい左足と股間の間くらいでボールを取る位置を意識して、ボールを最後までしっかり見て取るということがコツです。先に、ファーストを見るようなことをしているとエラーに繋がりますから気をつけましょう。

野球の守備内野ゴロを捕る!上達する練習方法とは?

内野ゴロを捕るためには、体の重心が高くならないように注意して構えることが大切です。機敏に早く動くことができて、すぐにボールを取ることができる姿勢を作りましょう。

練習方法としては、

  1. 二人組になる
  2. 一人が腰を落として構える
  3. 守備の姿勢を取ったときの頭の高さを目安にヒモを張る
  4. もう一人がゴロを左右に投げる
  5. 先ほどのヒモをくぐってボールを取る

これらの4~5を10回ほど繰り返すとよいでしょう。

選手の腕など高さやゴムヒモを規制し、低い姿勢を意識できるようにヒモをくぐってボールを取る練習を繰り返しましょう。立ち上がってしまうと早く動けないということがわかりますよ。

失敗したくない!そのための内野ゴロの練習方法とは?

スリッパをグラブの代わりに使った練習方法は効果的です!スリッパをグラブの代わりに持って、手などで簡単なゴロを投げ、正面のゴロや左右のゴロなどゴロを捕る練習方法です。

打球の正面に入る、クラブの芯で捕る、両手を使うなどゴロを捕る基本を身に付けるのには最適です。ゴロは、腰を低く落とした姿勢が基本で、常にリラックスしておく事が大切です。

長時間腰を低く落とした体勢でいると固まってしまうことがあるので、カカトを浮かして足先で細かくステップしたり、相手が打つ瞬間に集中力を高めて、機敏に動けるように膝を落とすのがよいでしょう。腰が高いとボールがトンネルしてしまうので気を付けましょう。

ボールに集中して機敏に動けるというのが、内野ゴロを失敗しないためには重要なのではないでしょうか。

少年野球でのファーストの練習方法とは

少年野球にとって、ファーストとは大切なポジションです。なぜなら、少年野球では内野ゴロが多いからです。内野ゴロに対して内野からの送球を受けて打者をアウトにする役割があります。もちろん打球に対しての処理も大切です。そのためには、送球が来てから足をベースに付けるということがポイントになります。

両足でベースをまたいで、やや前傾の体勢で構え、送球が来てから利き足をベースに受けて、一方の足を送球方向に伸ばしてボールを捕るというのが送球を受けるときの基本です。はじめからベースに足を付けているとフットワークが鈍くなるので、ボールが来てから利き足をベースにつけるように日頃から練習しておきましょう。

ショートバンドの送球に対しての練習方法とは、わざと近くからショートバンドの送球を投げてもらって、それを捕ることでファーストミットの使い方を練習するとよいでしょう。頭を低くし、体を伸ばして、地面に向かって親指を立てるイメージでファーストミットを出しましょう。

少年野球にとって、ファーストがしっかり内野ゴロなどの送球が捕れると、それだけでアウトカウントは増えていきます。それだけ重要な役目なので、しっかりと練習しましょう。

動きを止めない!内野守備において気をつけること

少年野球から社会人野球まで、ボールを取る手前でどのぐらい止まってボールを待っているかを見ていると、エラーしそうな人がわかるようになります。なぜなら、エラーしそうなときというのは、守備が止まっているときなのです。この止まるという動作によって、次に投げるという動作が生まれ、そのために準備と送球となるのです。そのことで、一旦動きが遅れて、暴投することもあります。

動作が多くなることで、エラーになってしまうのでしょう。ぎりぎりまで動きを止めずに、バウンドを合わせて、取るときはスッと取る。このような守備ができていれば、エラーはしないのです。なので、常に機敏に動けるように集中し、横にずれるなど動きを止めずに捕って投げることの準備ができていれば、内野守備は上達していくのではないでしょうか。

また、そんな視点からもみることで、野球の面白さも広がっていくかもしれませんね。何事も上達するためには、練習は大切です。基本に振り返って、練習に励みましょう!

 - スポーツ

ページ
上部へ