あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

バッテリーと充電器は正しい使い方をしないと後が大変です!

   

バッテリーと充電器は正しい使い方をしないと後が大変です!

バッテリーと充電器の使い方を正しく理解していますか?

普通充電であれば問題ないと言われていますが、長時間充電する場合はどんなところに注意すればよいのでしょうか?

バッテリーと充電器の正しい使い方について説明します!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

バッテリーと充電器の正しい使い方とは?

普通充電ならば特に問題はないのですが、長い時間充電し続けるとどうしてもバッテリーの本体が熱を持ってしまうのです。

そのような状態に陥らないために、長い時間充電するときは、バッテリー本体より一回り大きい容器にバッテリー本体の丈の半分ほどまで水を張るのです。そうすると、放熱が行われ、バッテリーが熱を持たなくて済みます。

キャップの部分にエアー抜きの穴がある開閉型バッテリーの場合は、ご心配無用です。
急速充電でもしない限り、キャップを外さなくてよいからです。特に急がない場合はシールド対応を用いて充電された方が、バッテリーの寿命を延ばします。

私の会社でも、後輩の一人がミスを犯して爆発させた事例として、蓋を開けるタイプのバッテリーを、蓋を開けないで長時間充電し、ガスがたまってしまい爆発したということがあります。
今、よろしければバッテリーの横をご覧ください。横に膨張している場合、耐久性の問題もありますので、交換を考えてはいかがでしょうか。

バッテリーと充電器の使い方を解説します!

充電するときの接続順番についての説明。

充電の終わりには、電極でスパークすることで爆発の危険が高まります。
ですから、充電器に接続しているときに電源を落とす順番やターミナルを外す順番を正しく行うように気を付けなければなりません。

最初に、充電器のコンセントに接続する前に、メインスイッチが切れているかを確認し、その後コンセントに接続します。
その後、電圧レンジを普通乗用車の場合は12Vになっているかを確認します。そうしてから、設定電流量が0になっているかをしっかり視認してください。
以上が確認されれば、バッテリーの+ターミナルと-ターミナルに充電器のケーブルを繋いで、メイン電源を入れます。

普通充電の場合は、10分の1の電流でよいので、そう設定することを忘れないようにしてください。
急速充電の場合は5時間率容量の50%から60%程度の電流量に設定して、30分から1時間までで充電を行います。

急速充電は極板にダメージがあるので、バッテリーの寿命を考えると短く充電することが望ましいです。
当然、液温度が上昇しやすいので、それにも気を配ってください。

バッテリーと充電器は使い方を間違えると大変です!

・充電器には、充電するバッテリー容量の10%程度の充電電流が出力できる能力が求められます。
80Ahバッテリーの場合、充電電流8アンペアの充電器および自動車のバッテリーは、放電終止電圧を下回って放電させるので、その分だけ回復しにくくなるという特性があるのです。
一般的に、一度でも大きく放電したバッテリーが、使えなくなってしまうとされるのは、このような特性によるものです。

・充電器に備わっているアンメーター、いわゆる充電完了のサインは、一定の物差にすぎず、これを過信しては決していけません。
満充電したか否かの判定は比重、すなわちインジケーターで行うことを忘れないでください。

・充電終期に近づくと、電解液が電気分解されます。
そうすると、酸素と水素から成る混合ガスが大量に発生し、充電が完了した、と判断されます。その一例として、電解液が活発にぼこぼこという音を立てるということがあります。
ですので、それをもって判断することができるのです。

バッテリーを充電する方とは?

バッテリーを充電する方法についての説明 バッテリー容量の10%以下を保って充電するのが原則です。

仮に「自動車・バイク両対応」という記載があったからといって、これを盲信してはなりません。
まず、充電器の充電電流はどれほどなのかをご自身の目で確認する工程が必要になります。
充電器の種類にもよりますが、出力電流・定格電流という記載があることもあります。

充電器の使い方 充電開始
1.バッテリーの容量と、先述したように充電電流を確認します。
2.+から-の順を守って端子を繋ぎます。
3.充電器のスイッチをいれます。
充電終了1.充電が完了したことを確認してから充電器の電源を切ります。

 

2.-から+の順を守ってクリップを外してください。充電開始のときの順とは逆なので気を付けましょう。※一般的にはこのように充電するのが原則ですが、もちろん詳細はそれぞれの充電器の取扱説明書をご自身でご確認することが必要です。
注意 充電器のスイッチを入れた状態、すなわち電源を入れた状態で+クリップや-クリップを接触させることや端子の逆接続は、絶対に行わないでください。
故障等の危険があります。

オートストップ機能がない充電器をご使用の際は、充電する時間を確認してください。

車のバッテリー上がりの解決方法!

救援車を故障車の近くに停める場合 救援車を故障車の近くに停めてから、バッテリーケーブルを繋いでください。

必要なおおよその距離は、バッテリーケーブルにゆとりを持たせることができる距離が望ましいです。※注意点:故障車と救援車のバッテリーの位置を確認します。
その後バッテリー同士が近くなるように停めるようにします。

例として、エンジンが前についている車であれば、その車とちょうど正面衝突するような向きで、向き合って停める必要があります。

バッテリーケーブルを使用する際の注意

1.バッテリーケーブルの種類と車の電圧があっているかを確認します。これがあっていないと、発熱、やけどや火災などといった危険があります。
2.バッテリーケーブルの劣化に気を付けてください。

劣化すると、短絡やショートが起きやすくなり、危険です。
接続するときに、片手にバッテリーケーブルをまとめて持つと、クリップの部分が接触します。
非常に危険な行為ですので、決してクリップ先端子が接触しないよう、まとめて持つのをやめてください。
救援車を探すのが難しいという方は、ジャンプスターターを活用してください。一人でも短い時間でバッテリー上がりに対処できます。これはバッテリーケーブルを用いるより楽な方法です。

使い方としては、ジャンプスターターとバッテリーを専用のバッテリーケーブルがありますので、これを繋ぎ、エンジンをかけるだけでOKです。

 - 雑学

ページ
上部へ