あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

高校生になっても勉強できない理由はこんなことだった!

   

高校生になっても勉強できない理由はこんなことだった!

高校生になっても勉強できないという人が増えているといいますが、なぜなのでしょうか?

最近ではカフェやファミレスで勉強する高校生をよく見かけますが、どうして自宅でできないのでしょうか?勉強のやる気も出ないのでしょうか?

高校生が勉強できない理由とその克服方法について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

自宅で勉強できない高校生はどうすればいい?

自宅での学習が進まない時に、家では集中できないことを、言い逃れにしている人がいます。

だからと言って、学習に打ち込みやすい環境の家に引っ越すというのは現実的な話ではありません。
それでも自宅では学習がはかどらないことを理由に、図書館で勉強したり予備校に通ったり、自習室を利用したりする高校生も殊の外多くいます。

しかし、自宅以外に勉強の場所を求めるとなると、そこに行くまでには時間もかかるし、体力的にも疲れが出たりします。
それでも授業が少ない高3くらいであれば通えるかもしれませんが、1,2年生だと夏休みなどの時でもない限り、学習は家でやらざるを得ないというのが実情でしょう。
ですから、本来であれば帰宅後そのまま家で学習に打ち込めるのならそれに越したことはない訳です。

にも拘わらず、「やらなくてはならないと思ってはいるけれど、自宅だとどうしても集中できない」とこぼす人は多く、むしろその点に関しては誰しも同じ条件だと考えるべきとも言えます。

引っ越すことが出来ない以上、今の自宅で集中して勉強できるための工夫をした方が現実的です。

高校生が勉強できないのは先生が影響してる?

意外に思うかもしれませんが、高校の先生というのは教え方が上手い人ばかりとは限りません。

高校で教えていることなどは、大人社会から見れば常識的な内容ばかりであるにも拘わらず、それすら満足に教えられないというのでは、その教師の力量を疑ってみた方が良いでしょう。義務教育の時と比較すると高校で教える内容が難しいことは確かなのですが、授業が理解しづらいのであれば、生徒としては塾や予備校の講義に重点を移すことをお薦めします。

高校の教科書も教え方の上手い先生の授業で使ってこそ、その価値を発揮できるものなので、近くに良い予備校がない場合には、学校の授業の方は必要最低限にとどめておいて、参考書を頼りに自主学習を進めていくのが良いと思われます。

高校教師と違い、予備校や塾の講師というのは教え方を熟知しているばかりでなく、特に東京の某予備校などでは話しかける際にも丁寧な言葉を使うなど、生徒を一人前の人間として接してくれたりするのです。そうした尊大な態度を見せない講師達に対する生徒たちの信望も厚いものがあります。

仮に予備校の講師の中に質の劣る人がいても、すぐに篩にかけられてしまうため、どの講師も自己研鑽に努めており、非常に指導力に長けた人も珍しくないのです。

逆に、身分が安定している高校教師の場合、淘汰されるという危機感がないためか、教え方の下手な人でもそのまま職にとどまっているといった事情があります。

高校生になっても勉強ができない理由は自分の中にあるかも?

「記憶しておかなくてはならないのは、どの部分だろう?」「本当に暗記すべき内容はこれなのだろうか」「この勉強方法で大丈夫なのか確信が持てない」などと、学習を進めていくうちに様々な悩みや迷いが生じてくるものです。

しかしそうしたことに気を取られてばかりいると肝心の勉強が捗らず、時間がいくらあっても足らなくなってしまいます。
勉強に打ち込むにはこれらの迷い事を払拭しておくか、それができなければ何が原因で悩んでいるのかはっきりさせておく必要があります。

又、勉強とは全く関連のないことが原因で心配な気持ちになることもありますが、そうした際にも同様に心配事の原因となる点を見つけ出しておくべきです。勿論、その問題が解消できればそれに越したことはありません。

知識を取得するまでのプロセスを振り返ってみれば、勉強の進め方に自信がないという悩みの殆どは解消できるでしょうし、参考書や過去問にアンダーラインを引いておけば、暗記すべき箇所や内容が特的出来ない時でも安心できると思われます。

若し、思うように勉強が進まないのであれば、自分にその妨げになるような悩みや迷いがないか問い直してみて下さい。

高校の数学の勉強のやり方を工夫してみよう!

数学が不得手で、いくら努力をしても成績がそれに伴わないと嘆いている人は大勢います。

そうした人達からは、「練習問題や教科書の例題なら何とか対応できるけれど、応用問題となると分からなくなってしまう」「それまで解いたことのない形式の問題が出るとパニックになる」「計算するだけなら大丈夫だけれど、証明問題とか文章問題になるとお手上げになる」「文字を使う計算式が苦手で、具体的な数字だけを使った問題が出た時のように解くことが出来ない」「色々な分野の知識を組み合わせて解答する必要がある問題となると、何時も歯が立たなくなってしまう」という声が聞かれます。

実はこれらは、思うような成果が得られない人の典型的な例だとされており、こうした悩みを抱える生徒達の勉強の進め方を調べていると、ある共通性が指摘できると言われています。
その共通性とは、公式や問題の類型を覚えることに終始していたり、教科書に載っている例題や練習問題或いは宿題で出た問題を機械的に説くだけといった学習の仕方をしているという点です。

こうしたやり方で数学の勉強を進めている限り、どれだけ時間を割いても苦手を克服することは出来ないでしょう。

高校生の苦手科目はどうやって克服する?

苦手科目の中でも特に分からない点があれば、予備校などに設けられている専用のコースに通ったり、高校の先生に聞いてみたり、その科目が得意な友達に尋ねてみましょう。

苦手科目をなくすには、とにかく苦手な箇所から着手しないことには、一向に克服できないわけですから、普段の勉強の時にもその科目を優先してじっくりと取り組むようにすべきです。とは言え、苦手なだけに勉強をしていてもなかなか捗らず、焦ってくることも少なくないはずです。そんな時はその個所を割愛するというのも一つの方法でしょう。

又、学校の授業には受験に必要ない科目もカリキュラムに組まれています。
受験科目でなくても日頃の定期試験などで点数が悪かったりすると、推薦入学を希望している人にとっては不利になってしまうので、必要がないからと言って手を抜くことは出来ません。

しかし推薦入学を考えていないのであれば、受験科目ではない科目は、定期試験などである程度以上の点数を確保するだけで十分と割り切ったり、苦手科目ではとにかく落第点を取らないことに専念するという考え方もあります。

 - 勉強・学校

ページ
上部へ