あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

明日の学校までに宿題が終わらない時の宿題の進め方!

      2017/03/02

明日の学校までに宿題が終わらない時の宿題の進め方!

明日の学校までに宿題を提出しなければならないのに、まだだった・・・絶望的になりますよね。

なんとか明日までに宿題を終わらせたい!効率的に宿題を進めるにはどうしたらいいのでしょうか?

時間との勝負です!焦りを利用しながら宿題を片づけちゃいましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

明日学校なのに宿題がまだだった!効率的に宿題を進めるには?

そもそも期日まで時間が無い、という場合には効率的に宿題を進めて行かなければなりません。諦めなければいくらでも方法があります。自分にあった方法を見つけ出しましょう。それを見極めることができれば、あとはひたすら目標に向かって走るだけです。

方法の一つとして、自分を追い込むためにあえてぎりぎりに終わらせるというスケジュールを立ててみるのはどうでしょうか。

流石に「ワークノート1冊を一日で終わらせる」というのは無謀かもしれませんが、自分が持つスキルと重ね合わせながらギリギリの計画を立ててみて下さい。努力次第では3日で終わらせることができそうな宿題ならば、休み終了三日前に始めるようにします。もう後がないという状況を作るわけですね。結果、効率的にならざるを得ません。

先ほど計画を立てるといいましたが、この場合の計画は「絶対にこの日からしなくてはいけないもの」といったきっちりしたものである必要はありません。計画を立てたという安心から、だらけきってしまう可能性があります。暇な時間にちょっと手をつけてみると、後々自分が楽になります。カレンダーやスケジュール帳にさらさらっと「数学やらないとやばい!」とだけ書き込んでおきましょう。書き込んだあとは忘れてしまっても構いません。

「もう後がないからやらないと!」という焦りを利用するのです。

明日の学校までに宿題を片づける方法とは?

宿題を片付けるにあたって腹を括ったならば、あとはひたすら時間との勝負です。無駄なく、迅速に片付けていきましょう。

手元に解答集があるならば、それを「参考」として活用していきます。解答を丸写ししていく訳ではありません。「参考にする」のです。ヒントがあるのとないのでは終わらせるスピードが全く違います。解答集を「参考」にさくさくこなしていきましょう。

中には、丸写し防止のためあらかじめ解答集が没収されている学校もあると思います。その際は気が置けない友人を頼りましょう。国語や英語の宿題は、手が多いほど早く終わります。もし友人が宿題を手伝ってくれたならば、食事を奢る、何か頼みを聞く…といったお礼を必ずしましょう。恩義を忘れてはいけません。「見返り」によっては、他の宿題を手伝って貰えるかもしれませんね。学校からの課題では得られない処世術を身につけられると思います。

夏休みの宿題をこんなに適当に片付けて良いものか…という罪悪感に苛まれてしまった方は、発想を変えてみましょう。「学校の先生だって忙しい」と。生徒一人一人の宿題の内容を細かくチェックする先生は、はっきり言って少ないと思います。内容よりもまずは「提出したか否か」を評価するのです。

明日の学校までに宿題が終わらなそうなら徹夜するしかない!?

時間を掛ければ終わる課題ならば、頑張って徹夜して取り組みましょう。

筆者もそうやって宿題を片付けたことがあります。確か、小学校の頃にだされた夏休みの絵日記です。ラスト一日で一生懸命書いて提出しました。その時は、内容よりもまず新聞を使ってその日の天気を調べることから始めました。友人の日記と天気が違っていたらおかしいですからね。最後の1ページを書き上げたときにはとても達成感を感じましたが、同時に「今できる事を先延ばしすると、後に2倍以上の苦労する」と学びました。やらなかった自分が悪いのですが、こういったものはやはり毎日こつこつとやっていったほうが圧倒的に楽なのだと理解できました。

作業するにあたって、「中々集中が出来ない」「集中してもすぐに切れてしまう」という人は音楽を危機ながらやってみるというのは如何でしょうか。集中してなくても、自然とペンを握る手が動きます。疲れもあまり感じません。面倒な計算が必要な数学問題に取り組んでいても、気付けば一時間しっかりやっていた…なんてこともあります。

学校の宿題が終わらず子供が困っている時の親の対応とは?

宿題に取り組むつらさを知っているからこそ、身近な人がやっていたら手を貸してあげたくなってしまう気持ちはよく分かります。しかし、それでは本人のためになりません。「ギリギリになっても手伝ってくれるし大丈夫だろう」という甘えた考えを持たせてしまう可能性があります。周りの人は、直接手伝うのではなく間接的に手伝ってあげなければなりません。宿題をしている本人に勉強させる気持ちにさせてあげるのです。最初から答案を渡さず、答えに辿りつくまでの過程を教えるなどと、あくまで本人の力で出来るようにサポートしてあげましょう。

しかし、現代では宿題代行サービスといった前面サポートのコンテンツもあります。子どもからしてみれば、とても魅力的なものでしょう。ですが、よく考えてみて下さい。宿題はなんのためにするのでしょうか?このコンテンツをすることで、子どもに何の力が付くのでしょうか?これではただ甘やかしているだけです。

宿題に困っていたとしても、安易に介入して答えを渡してあげるような手伝いは控えるべきだと思います。

学校の宿題を親にチェックさせる目的とは?

学校に提出する前に、保護者に一度宿題のチェックを頼む学校があると思います。その目的とはなんでしょうか?それは、「宿題をきちんと子どもにさせること」です。宿題は授業で学んだ事を理解しているかどうか、それを覚えて活用できているかどうかを確認するためのものです。一生懸命インプットしたものでも、定期的にアウトプットしていかなければ、どんどん忘れていってしまいます。そうした結果、授業についていけなくなってしまうのです。そうした事態を防ぐため、毎日の習慣にするために大人の目が必要なのです。

「宿題やった?」の質問に「やったよ」と返事をされても、それはその場凌ぎの出任せかもしれません。「私は子どもが言うことを信じているしそれで良い」では済みません。宿題を本人に任せるのは、自分から勉強する習慣が身についてからにしましょう。宿題をするよう促す、丸付けをする、連絡帳を記入するといった親のサポートが必要なのは低学年までです。サポートできる間に、習慣が身につくようサポートしてあげましょう。

子どもの宿題をみていると「どうしてやらないのか」「何故こんな簡単なことが出来ないのか」といったネガティブな発言が浮かんでしまうかもしれません。叱ったならば、その分褒めてあげましょう。とある家庭のお母さんは、子どもにかける言葉の最後は褒める言葉で締めくくるようにしているそうです。親に叱られると、子どもはどうしても落ち込んでしまい気分も下がってしまいます。

最後は子どもの良さを褒めてあげて、次回の意欲に繋げてあげると良いのではないでしょうか。

 - 勉強・学校

ページ
上部へ