あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

不正出血で鮮血が多量の時の対処法は?自己判断は危険!

      2017/03/21

不正出血で鮮血が多量の時の対処法は?自己判断は危険!

女性はホルモンバランスを崩しやすいものです。不正出血を経験している方も多いのでは?

でも不正出血でも鮮血で多量な場合は注意が必要です。自己判断で済ませ放っておくことだけはやめましょう。

今回は不正出血が鮮血で多量な場合の原因や対処法について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

不正出血が鮮血で多量な時ってどういう感じだった?

30代独身で妊娠の経験がない女性の体験によると、3日前に食あたりなのか冷えなのか、下痢をしている時に出血がありました。その後も膣から鮮血で多量な不正出血が止まらなかったようです。生理はいつもの周期で問題なかったようです。出血は生理のようにも見えますが、オリモノはなく鮮血だけの出血だったそうです。トイレに座るとボトボト落ちるほど出血があったらしく、とても不安な毎日を送っていたそうです。

またある女性は、突然鮮血の不正出血があり、その時は生理も近かったことから大して気にも止めなかったのですが、一旦止まったものが排便時に力んだところまたポタポタと鮮血があったのです。腹痛などの症状はないですが、何か悪い病気になってしまったのではないかと産婦人科へ行く決心をしたそうです。

このように、不正出血で鮮血があった人は、生理かと見間違うほど大量に出て不安に感じてしまいます。産婦人科へ行くのは抵抗がありますが、まずは病院へ行って詳しく検査してもらうと安心です。

鮮血で多量な不正出血、原因は?

まず出血がどこからでているのかを確認することが大切です。トイレが真っ赤になって、膣からの出血したと思っていたのが実は痔だったということもよくあるのです。過労で痔が悪化し大量出血してしまうこともあるので、後ろから出ているのか膣からの出血なのかを見極めることも必要です。痔の場合は肛門科へ行き、適切な治療を受けましょう。

婦人科系の不正出血の場合、病気によって原因も出血する場所も違います。量も少量ならホルモンバランスが乱れただけかもしれませんが、大量なら気を付けた方がいいでしょう。

大量の鮮血な不正出血があった場合、鮮血の量以外にも症状が見られることがあります。鮮血に加えて貧血や動悸、息切れがある場合は「子宮筋腫」の可能性があります。鮮血の不正出血が起こることがあり、それも真っ赤な出血が多量に出ることがあります。筋腫ができる場所によって症状が変わる場合もありますが注意しましょう。

また鮮血+痛みや違和感、性交時に痛みがある場合には「萎縮性膣炎」の可能性があります。これはおりものに出血が混じる場合もありますが、性交時の刺激によって大量に出血することもあります。

多量ではない鮮血の不正出血の場合は?

鮮血の不正出血があっても多量ではない場合、何が原因なのでしょうか?まず考えられるのは「排卵出血」によるものです。排卵出血には特徴があり、色は黒っぽいか茶褐色、または薄い赤色です。期間も1~3日程度に収まることが多いようです。出血量も少量で、下腹部に痛みを生じる場合もあります。

対して不正出血の場合は、色はおりものに薄く血が混じるか、黒っぽい茶褐色、鮮血など個人差はあります。ですが排卵出血と違って出血が長期間にわたります。出血量も少量から多量、痛みもある場合と無い場合もあり、これも個人差があるようです。

不正出血というものは、「生理以外に性器から出血すること」を指します。排卵出血と特徴が似ているので見分けるのが難しいですが、基礎体温を計って確認することで見分けることが可能です。たまたま排卵日と重なって不正出血がある時も考えられるので、いつもの生理の状態と比べてチェックすることも大切です。不正出血は病気の症状として月経や排卵日以外で起こるものです。自己判断せず病院へ行きましょう。

多量に不正出血しているときは病院でどんな治療をしてくれるの?

生理以外に起こる不正出血。

不正出血といっても出血の状態は病気や個人差があり、ホルモンバランスの乱れによるものと思いがちですが、自己判断は危険です。不正出血も少量の出血から茶色の出血など色々。おりもの程度の出血ならさほど心配はありません。注意したいのが鮮血が大量に出た場合です。原因がホルモンバランスの乱れではなく、病気の可能性もあり、大量出血によって貧血をおこしてしまう場合もあるので、病院へ行き内服薬などで出血を止め治療することが大切です。

出血の多くはホルモンバランスによるもので自然と出血は止まります。ですが大量に出血している、腫瘍による出血、妊娠している場合は直ぐに病院へ行きましょう。ホルモンバラスの乱れから不正出血し、止血剤を処方されたからといって、すぐにピタッと止まるわけではありません。1ヵ月飲んで気持ち血の量が減ったかな程度に感じるようです。

自己判断は危険!不正出血を見極めるポイント

不正出血が合った場合、一番危険なのは自己判断して放っておくことです。じゃどうやって見極めるのか?が気になりますよね。不正出血がホルモンバランスによるものなのか、病気なのか見極めるポイントはいくつかあります。

まず出血するタイミングです。月経が終わった次の月経が来るまでの間に出血がある場合は「排卵出血」の可能性があります。排卵出血はホルモンバランスによって起きるもので心配が少ない出血と言えます。排卵出血以外にも、更年期の卵巣期の乱れによって出血する場合もありますが、これも心配が少ないものです。心配なのが性行為や激しい運動後の出血。病気の可能性もあるので検査を受けるようにしましょう。出血量も確認しましょう。

これが重要で、鮮血が大量に出た場合は、子宮がんや子宮頚管にポリープがある可能性もあるので要注意です。また出血の頻度も見極めるポイントになります。出血が1ヶ月以上も続くようなら要注意!すぐに病院へ行きましょう。また出血が2~3回頻繁に続くのも注意が必要です。

 - 健康

ページ
上部へ