あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

アパートの騒音問題・・・夜中の場合の解決方法を教えます!

      2017/03/03

アパートの騒音問題・・・夜中の場合の解決方法を教えます!

アパートに住んでいると、何らかの騒音で悩まされることもあるでしょう。中でもシ―ンとしている夜中の騒音ってストレスにもなりますよね。

騒音の基準で日中と夜中で違うの?あまりにもひどい場合は警察へ通報すべき?

アパートで夜中に起こる騒音問題の解決方法について解説します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

気になるアパートの騒音・・・夜中はどの程度から騒音になる?

■どの程度からが騒音?
人にもよりますが、平均して昼間は55デシベル以上、夜間は45デシベル以上の音が聞こえると騒音だと感じる人が多いとされており、騒音であると認められます。これをもっとわかりやすく説明すると、55デシベルくらいというのは「普通程度の人の話し声」や「お風呂の排水音」などが当てはまります。また、45デシベルくらいの音には「エアコンの風の音」や「しとしと降る雨の音」が当てはまります。例えば、壁越しに人の話し声がはっきりと聞こえてくるというのは、実際にはそれよりももっと大きな声を出しているに違いありませんから、騒音といえます。

ただ、最初に記した通り、騒音だと感じる音の大きさは人それぞれです。しかし、「うるさく感じるけれど、自分が神経質なだけかもしれない」と考えてしまうこともあるかもしれませんが、それは違います。私たちが想像する以上に、騒音だと認められるボーダーラインは低いです。環境省によれば、このボーダーラインは「健康上に被害が出ないレベル」とされています。従って、少しでも「うるさいなあ」と考えながら生活をすると、健康上に被害が出る、ということになります。

夜間、近隣の音が気になってしまい眠れない。隣の住人がうるさくて気になって仕方がない。このようになってしまう前に、早め早めの対策を心がけましょう。

夜中のアパートの騒音は警察へ相談すべき?

昼間や夜間に関係なく、そもそも騒音を出すというのは非常識です。特に集合住宅では騒音が伝わりやすく、誰しも一度は嫌な思いをすると思います。その場合、騒音を無理に我慢する必要はまったくないのです。逆に言えば、「音をなるべく出さないようにする」必要はあるのだといえます。できうる限り、ひっそりと暮らさなければなりません。

もし周囲の住人の騒音がうるさくて仕方がない、我慢がならない、となった場合、どうすればよいのでしょう?筆者は警察への相談をおすすめします。筆者も以前、「上下左右のどの部屋からかはわからないが、騒音がうるさくて眠れない」と通報した経験があります。詳しくはわかりませんが、ゲームをしていたような音だったと記憶しています。その時はすぐに警察の方が対応してくれて、筆者の暮らす上下左右の部屋を一部屋一部屋まわり、「音出してませんか?」と聞いてくれました。その際に、音を出している人は見つからなかったそうですが、後日音は止みました。おそらく音を出していた人は「音を出していません」とその場で言ったのかもしれませんが、実際に警察が来たことでこれはまずいと思い、音を出すのを控えるようになったのだと思います。

また、警察の方は聞いて回る際、「立ち会いますか?」と聞いてくれましたが、筆者はやめておきました。近隣住民ともしトラブルになったらと考えたのです。そのように第三者を挟んで対応するようにすれば、音を出している人はどこからの通報かはわからないので、自分に何かしらの危害が及ぶ心配がない、というメリットもあります。

夜中の騒音が気になるあなたへアパートでできる対策方法を教えます!

①遮音カーテン
騒音対策に効果が非常に高いと人気のある方法がこれです。集合住宅の廊下や、外からの騒音を和らげてくれます。特に集合住宅では生活音が聞こえやすいため、重宝するといえます。外部からの音を防ぐほか、自分の部屋の音を外部に漏らさない効果もあるため、プライバシーの対策もできる、一石二鳥の方法です。

②遮音カーペット
部屋が二階以上にあり、階下の部屋への足音などが気になる人にはもってこいの方法です。特にお子様がいるご家庭では必需品ともいえるでしょう。歩く音や物を落とした際の音などを和らげてくれます。普段床を歩くことにすら気を使ってしまうと、想像以上にストレスが溜まってしまいますから、こうした対策は出来る限りしたいものです。
また、このときタイルのように小さなカーペットを組み合わせるようなタイプのものだとより便利です。部屋の面積や、敷きたい場所にだけ敷くという方法を取るのも容易です。さらに汚れた部分だけ洗える、取り替えられるというのも注目すべき点です。

③防振マット
例えば集合住宅では、洗濯機を回しているときの振動音が隣の部屋に伝わってしまう、というケースもあります。具体的には洗濯機の下にかさ上げブロックと防振マットを重ねれば、何もしない場合よりもずっと振動音が伝わりにくくなります。最近では騒音の少ないタイプの洗濯機も多いですから、念のためという人向けのものになりそうです。しかしどの場合も、深夜など迷惑になりやすい時間帯に洗濯機を回すことは、なるべく避けたいものです。

④ドアパッキン
パッキンと呼ばれる、いわゆる隙間を封じて音を漏らしにくくするものです。ゴムやビニールで作られていることが多く、防音室には必ずと言っていいほど使われている道具です。また、防音だけでなく防塵や防水の効果があるドアパッキンもあるので、部屋の立地や条件、またドアの色にも合わせて選びたいものです。
また、ドアパッキンではなく、ドア自体を防音のものに変えてしまうご家庭もあるようです。自分ではなかなかできないことですが、ドアの取り替えはリフォームよりも比較的安価に行えるので、良い対策だといえます。

騒音問題で警察へ通報するのは最終手段です!

■通報は最終手段で
筆者の場合は、音を出している人が特定できなかったため真っ先に警察へと通報してしまいましたが、一般的には騒音で警察に通報することはまずありません。まずはじめに確認すべきは住人の人間性です。もし大丈夫そうであれば、直接状況を伝えて、改善をお願いするのがベターです。直接言うのが心配な場合は、最初から住宅の管理会社に問い合わせます。直接苦情を言う、管理会社に苦情を言う、どちらを試みても駄目であれば、最終手段として警察の出番です。

■通報の線引とは?
もし近所中に響き渡る音量で大声を出したり、音楽を流したりしている場合は例外で、すぐに警察へ通報しても良いと考えられます。それは自分だけでなく、近隣住民も恐らく同じ被害を被っているからです。ただし、すぐに来てくれるかどうかは警察官次第です。筆者は一度、学生が外で大騒ぎを始めたため通報し、警察官がすぐに来てくれて事なきを得た経験がありますが、騒音トラブルというのは警察にとっては緊急性を要する案件ではないため、後回しにされるケースも多々あります。

■警察は絶対ではない
警察の対応というのは本当に警察官によって様々なので、すべての警察官が解決に向けて尽力してくれるとは言い難いです。例えば、通報して集合住宅に来たはいいものの、管理人に話を聞くだけで帰ってしまったというケースもあるようです。警察に行っても駄目であれば訴訟、または引っ越ししか対処方法はありません。直接言っても駄目な人や、理解してくれない人というのは往々にしています。特に騒音のせいで引っ越さなければならなくなるというのは屈辱的なようですが、そこに居続けても気が滅入ってしまうだけです。心身の健康を第一に考えて、騒音への対策を取るべきだと考えます。

アパートで騒音を起こすのはこんな人!

■騒音を起こす人ってどんな人?
騒音を起こす人には様々なタイプがあります。友人を招いたときについ盛り上がって騒いでしまう人や、日頃の生活音がうるさい人、夜間に楽器を演奏しだす人など、本当に様々です。そのような人たちを大きく分けると、以下のように分類できると思います。

①本人に悪気はなく、無意識に騒音を出してしまう
自分が騒音を出して周囲に迷惑をかけていることに気付いていないという人は以外にも多くいます。このようなタイプの人々は悪気はないので、注意すれば改善してくれる可能性が大いにあります。その人は普通にしているつもりでも、足音がやたらうるさいとか、ドアを閉める音がすごく大きい、なんていう場合もあります。勇気を出して注意したら、意外と温和な人ですぐに音に気をつけてくれるようになった、という話も聞くため、一度そっと注意してみる、というのも手です。
また、騒音の大きな外国人にもこのようなケースが多いです。うるさいことを騒音と思わず、「賑やかで良い」などと感じてしまう場合もあるそうで、これは文化圏の違いや生まれ育った環境にもよるのだと思います。

②わざと騒音を出す人
憂さ晴らしなのか嫌がらせなのか、とにかくわざと騒音を出す人がもいます。かつてそのような人がニュースで取り沙汰されていたこともありました。人に迷惑をかける事で快感を得ているので、かなり手強いです。警察を仲介することで被害が軽減するケースもあります。

③人に迷惑をかけていようが気にしないタイプ
わざと騒音を出している人よりもさらに手強いタイプです。この手の人には何を言っても聞いてくれない場合が多いので、なるべくなら関わり合いにならないほうがベターです。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ