あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

マンション住人必見!窓の防音対策の方法について徹底解説!

      2017/03/02

マンション住人必見!窓の防音対策の方法について徹底解説!

マンションに住んでいると、窓の防音対策に悩む人も多いでしょう。

ホームセンターでいろいろなグッズが販売されているけど、どんなアイテムがおすすめなの?ひどい場合は窓を交換した方がいいの?

マンション住人必見!窓のおすすめ防音対策について教えます!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

マンションの窓の防音対策ならこんなアイテムがおススメ!

マンションの窓を自分で防音することが出来るアイテムは沢山ありますのでいくつかご紹介したいと思います。

防音シートは備え付けの窓ガラスに貼り付けることができ、窓の周りを傷つけることなく設置できます。窓を塞ぐ必要もなく車の音や生活音を確実に低減してくれる効果があります。
今あるガラス窓に防音シートを貼り付けるだけなので簡単に出来るだけでなく、賃貸などのマンションでも引越しの際に綺麗に剥がすことが出来るので安心です。
後付け二重窓は防音シートよりも少し大掛かりな物になります。外からの音は、窓ガラスに伝わって響く音よりも窓の隙間から伝わる音の影響が大きいと言われています。そこで二重窓を取り付けることで隙間を埋めて、防音効果を高めることが出来ます。更に窓を1枚多く付けるので、断熱効果も大きくなり冷房や暖房の効きが良くなる効果もあります。「夏もエアコンの効きがいい」、「機密性が高いので誇りもたまりにくい」などの声も実際にはあるので、後付け二重窓の効果が高いことがわかります。

プチプチの愛称で知られている断熱シートは手軽に行える騒音対策の一つです。最近では冬の防寒・節電にも期待できると冬の間だけでも気軽にDIYする家庭も増えています。安価で入手しやすいので、まずは断熱シートを使用しての防音を試してみるのも良いでしょう。ただ、あまり窓に近づけすぎると見栄えが良くないので、窓から少し離れたところに設置してあげましょう。そうすると外から見られても曇りガラスのように見えますので恥ずかしくありません。

マンションを選ぶ時には窓の防音についても考えよう

マンションを選ぶ時、窓に高い遮音性を求める場合は、音合わせガラスか二重サッシのものを選ぶと良いです。

特に大きな道路に面しているマンションの場合は夜中の交通騒音が考えられるので、窓の遮音等級がどうなっているかはモデルルームで事前に積極的に聞いておきましょう。また、外からの騒音がなくても日常的にピアノを弾いたりして音を出すような生活をする場合は、他の入居者に迷惑をかける場合があります。無用な近隣トラブルを避ける為にも窓の遮音性には注意しておきましょう。

現在住んでいるマンションの窓の遮音性を高めたい場合は、インナーサッシを取り付ける方法がオススメです。マンションでは既存の窓のサッシ部分を勝手にいじることは原則として禁止されています。そこで、既存のサッシの内側にインナーサッシを取り付けることで二重サッシにすることが出来ます。
この対策方法を取ると防音出来るだけでなく断熱効果を高める効果も得られ、まさに一石二鳥のリフォームとなります。

マンションの窓の防音対策には窓ガラスとサッシの隙間の両方が必要!

マンションの窓の防音性を上げるには窓ガラスを防音効果のある窓に交換するだけでは大きな効果は見込めません。
勿論、外壁よりも薄い窓ガラスからも音が伝わり騒音が入り込んでしまうので、窓ガラスにも防音対策をするに越したことはありません。しかし実際は、窓から入り込む騒音は窓ガラスを伝わるものよりも、サッシの隙間を縫うように入り込む騒音の方が圧倒的に多いのです。

サッシは一見すると隙間など無いように見えますが、実はアルミサッシの下枠の中には戸車が入っています。これは窓をスムーズに開閉するためのものなので、構造上無くすことは出来ません。ですが、その隙間が、騒音が部屋に入り込む絶好の通り道となってしまうのです。まずは、この隙間を対策しない限りは大きな防音効果は見込めませんので、二重サッシにするなどしてしっかりとした防音対策を行いましょう。

窓の防音対策をする場合は、窓ガラスとサッシの隙間の両方をしっかりと対策する必要があるのです。

マンションの騒音の原因はいろいろある!

マンションは窓だけではなく様々な場所から騒音が入り込んできます。窓の隣に通気口がある場合は、ここから音が入り込むことがあります。通気口からは花粉やニオイなども入り込んでくるので、騒音対策だけでなくフィルターの対策もしたいですね。

線路沿いで部屋がワンルームの場合は玄関のドアから音が入り込むこともあります。特にドアは金属製のものが多いので、音がビンビンに響いてしまいます。電車の音が響いてしまうと部屋中がうるさくなってしまうのです。

引っ越してきた隣人が騒音を出す場合も考えられます。夜中でも床をバンバン叩く行為や、大声で歌う声が聞こえてきたりするとめちゃくちゃうるさいですよね。電車の走行音は数か月すれば慣れるという話をよく聞きますが、隣人が出す騒音はどうなのでしょうか。恐らく慣れることはないと思います。
注意して止めてもらうか、ドラブルを避けたいのであれば最悪壁に防音対策をする必要があるかもしれません。

マンションの意外な防音対策を教えます!

マンションで取り入れたい防音対策方法は様々あります。そこでいくつかご紹介したいと思います。

▲スリッパ
意外に効果があるのがスリッパや靴下です。裸足で室内を歩いてしまうとかなり音が響きやすいのです。室内でも靴下やスリッパを履くことで音が吸収されます
▲フェルト
椅子に座り下りする時の音は結構伝わりやすいものです。この音を遮音する効果があるものがフェルトです。椅子の足の裏に貼っておくことで音が軽減されるので大分違ってきます。
▲家具
本棚などの家具を音漏れで迷惑になりそうな場所に置くことで、自分の音漏れや隣からの音漏れを防ぐ効果があります。置く家具は出来るだけ高く、それでいて吸音率が高いものが良いです。分厚い本が沢山入った家具などが一番おすすめです。
▲耳栓
ありきたりですが効果のある方法の一つです。騒音をどうしても聞こえないようにしたいのであれば、耳栓が手っ取り早いです。最近では防音性能に優れたヘッドホンもありますので、そちらでも良いかと思います。
▲コルクマット
特に小さなお子さんがいる家庭だと、子供が玩具を落とす音や走り回る音が下の階の人に騒音となりやすいです。コルクマットは吸音性が非常に優れており、床に敷くと伝わる音が半減するので効果的な防音対策となります。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ