あなたの悩みをズバッと爽快解決!

カイズバ

悩む子供のピアノ練習!毎日一回でも触れて練習癖をつけよう!

      2017/03/02

悩む子供のピアノ練習!毎日一回でも触れて練習癖をつけよう!

子供の習い事で常に人気上位にある「ピアノ」。ピアノは毎日の練習が上達に繋がりますが、なかなか子供は自主的に練習しないものですよね。そして練習をしない子供に親もイライラしてしまいます。

子供のピアノが上達する練習方法は?子供のピアノは毎日の練習が大切!?子供がピアノの練習をしない理由とは?

褒めることも上達する秘訣かも!?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

公務員の「共済年金」職域加算により平均受給額が違います

公務員は基礎年金の他に「共済年金」へ加入しますね?厚生年金と...

ピアスのプレゼントに込められている意味、考えてみよう!!

ピアスをプレゼントしようと思った時、ピアスを贈ることの意味に...

プレゼンテーションのテーマが決まらない!そんな時は!

プレゼンテーションのテーマがなかなか決まらないのは自分の中で...

Facebookの友達順番のルールは?友達の数はほどほどに!

Facebookで表示される友達リスト。上位に来る仕組みはど...

大阪に一人で暇つぶしするなら!おすすめスポットをご紹介します

大阪で一人暇つぶしをするなら、いったいどんなところがいいので...

時給が最低賃金より下って・・・違反ですよね?

アルバイトやパートのかたの時給が「最低賃金」より低い場合は法...

球児必見!野球の内野守備が上達するための練習方法

野球の内野守備が上達するためにはどんな練習方法があるのでしょ...

野球の練習メニュー強豪校!毎日の練習方法をご紹介

野球の強豪校はまず練習メニューからして違う!? よく甲...

美容院でカットする時間やコスパを抑える方法について

気軽に行ける美容室ですが、美容院でのカットの時間は平均はどの...

退職時の保険証返却期限は?郵送でも可能なの?

退職すると会社に色々返却するものがあります。必ず返さないとい...

就職面接の服装、とくに冬に気を付けたいポイントはココ!

就職面接はスーツ着用!これは誰でも知っていることですが、中に...

手をつなぐ心理とは?既婚者の場合は深い意味はない場合も?

既婚者が手をつなぐ心理とは?! ただのスキンシップ?そ...

仕事を早退したいけど、どんな理由だと早退できる?

仕事を早退したいけれど、うまく理由が考え付かない・・・。どん...

仕事の目標設定ってどう書くの?書き方がわからない人へ

仕事で目標設定をすること、ありますよね。 でも、書き方...

もらって嬉しい!仕事が大変な彼氏に送ると喜ばれるメール

仕事が大変な彼氏には、少しでも元気になるようなメールを送って...

公務員は大学院卒だと給与が多い?違いは?気になる給与の差!

公務員と言えば景気に左右されることなく、安定した雇用と給与が...

後輩へのおススメプレゼントもうすぐ部活を引退!

部活を引退する時に、後輩たちへプレゼントを贈るという人は多い...

筋トレしたら体重増加?それは水分が関係しているのかも?

筋トレで体を鍛えているのに体重が増えてる・・・ 減るも...

給料手渡しのバイト・・・手渡しだと税金はどうなるのかをご紹介

バイト先の給料の支払い方法が手渡しというところもありますよね...

よく目が合う時の男性心理は?視線をそらさない、その理由

男性からの視線を感じて、不意に目が合う。こんな経験、一度はあ...

スポンサーリンク

子供のピアノが上達する練習方法は?

音楽とは、まさしく字の通り「音を楽しむ」ことです。音色には、演奏者の気持ちが色濃く表れます。

上達するための重要なポイントは、練習を自主的に行っていくことだと言えます。自宅での練習も「練習しなければならない」という強制的に課せられたものではなく、自分自身が楽しみながら行うということが大切です。好きこそ物の上手なれ、とはよくいったものです。楽しいと思い続けて貰うためには、無理強い・強制をしてはいけません。それが子どもがピアノが嫌いになる第一歩になってしまいます。習い始めた頃に、練習時間をどのタイミングでとるかを決める手伝いをしたり、練習を忘れてしまっているときに「今日の練習は寝る前?」などと声をかけてあげる必要はあるかもしれませんが、続けて習っている子の場合、自分で分かっていて練習をしないのです。

そこで「練習しなさい!」と親が介入してしまうと、練習を強制されている気がしてだんだんと楽しくなくなっていきます。そうして、自主的に練習する気がどんどんと削がれていき、最終的にはピアノが嫌いになってしまいます。ピアノ講師や音大出身者の中にも、「子どもの頃親に怒られたのがトラウマで、人前で演奏したくない」という人が少なくないそうです。折角音を奏でられるのに、それが楽しめないなんてとても悲しく勿体ないことです。

子供のピアノは毎日の練習が大切!?

ある日突然、全く練習していない曲がスラスラ弾けるようになった…なんてことは現実では中々起こりません。

ピアノを習っている子ども達は、「レッスンを重ねれば上達する」と思っています。この「ポジティブな勘違い」も、練習を続けるための必要な原動力になっているのです。このおかげで、週1のレッスンや日課の10分練習でも、やった分だけ上達することはできます。一年も続けていれば、大分形になってくるはずです。もしお子さんが、自宅練習はしないけどレッスンはしっかりとしている、ピアノが好きだと主張しているとならば、まさにこの「ポジティブな勘違い」の力でしょう。それを良しとするか否かは、子どもとそしてその親次第でしょう。

「ポジティブな勘違い」はいつまでも続くものではありません。時が過ぎるにつれて、子ども自身が現実に気付くようになっていきます。それを待つことも、時には必要なのかもしれません。それらを乗り越えて、子ども自身から「ピアノが上手に弾けるようになりたい」と強く願うようになったならば、何も言わずとも自分自身から練習に取り組むようになるでしょう。そこからは親は介入せず、本人に任せるのが吉です。

子供がピアノの練習をしない理由とは?

親のすすめでピアノを始めた子どもが練習をしなくなってしまう典型的なパターンは、他にやりたいことを見つけたため練習をする気になれないことからはじまる、「練習しない→上達しない→楽しくない」という負のスパイラルに陥ってしまうことです。そのまますっぱりとピアノをやめてしまうこともあります。

「今はあまり興味がもてなくて、いずれピアノの楽しさに気付いて欲しい」と思うのであれば、親のサポートは自宅での練習環境を整えてあげること程度で止めておきましょう。練習内容そのものは、ピアノの先生にお任せしてしまっても良いと思います。先生から自宅での練習方法について指示が出ていると思いますので、それらをお子さんと一緒に確認し、「この時間に練習しよう」とあくまで簡単に約束をしておきます。

このときに注意するべきことは、10分だけ、30分だけ、というように明確に時間を区切ってしまわないことです。こうしてしまうと、子どもはそればかりを気にして弾くことに集中できません。時間が来ると曲の途中であっても練習を投げ出してしまいます。短い時間のレッスンでも、しっかりと子どもの努力を褒め、認めてあげるようにして下さい。

ピアノは練習する癖をつけることが大事!

ピアノの腕前が一日で劇的に向上する、という事は滅多にありません。やはり一番効率的な練習方法は、毎日の練習を継続することだと言えます。毎日一回はピアノに触れる習慣を付けましょう。

ピアノを始めたばかりの子どもにとって、長時間集中力を継続してレッスンに取り組むことは難しいです。中には飽きずにピアノの鍵盤を触っている子も居ますが、かなり珍しいパターンです。ほとんどの子は、ピアノの前に10分間座っているだけでも苦痛でしょう。それは当然悪いことでもおかしな事でもなく、個性によって生まれる差違です。

前述したとおり、毎日練習させるためには「ピアノに触れあう」ことを子どもに習慣付けなければなりません。いきなり長時間の練習を強いるのではなく、毎日少しずつ、短い時間でも良いので規則正しく練習する癖を身につけることから始めて下さい。実際に曲を練習しなくても構いません。たった5分間でもピアノの前に座り、ピアノと真摯に向き合う練習から始めてみて下さい。

子供を褒めてピアノのやる気を引き出す!?

子どもにとって、「認められる」ことは何よりも嬉しいことです。その真理を生かして、ご褒美シールで毎日練習させたという家族があります。練習した回数を記録する表を作り、練習一回につきハートマークを一つ記入。1週間揃ったら可愛いシールをプレゼントし、子どものやる気を出す作戦です。ピアノというよりも、ハートの描きたさとシール欲しさで練習するようになったそうですが、それでも毎日の習慣は身についたそうです。

他には、演奏している姿を撮影してみせてあげた、という人も。自分で自分を見る機会は中々少ないですから、よい刺激になるのだと思います。本人もおもしろがり、「もっと格好良く弾けるようになりたい」と練習に励むようになったそうです。

周りにピアノを習っている仲間がいるのならば、ミニ発表会を開いてみるのも良いかもしれません。月に一度、皆の前で練習している曲をお披露目。やはり目標があると練習にも身が入ると思います。ほどよい緊張感や、やりきった達成感を味わえるのも子どもにとってよい経験になるのではないでしょうか。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ